Guideline

◆「Code:E/エフェメラ」作品における二次創作活動について

本ガイドラインに定めるルールを遵守して、良識の範囲内で創作活動を行うようにしてください。

なお、このガイドラインはユーザー皆様の二次創作活動を制限する意図はありません。ただし、原著作者及び制作元「Code:E/エフェメラ」の権利利益を害するような態様で行われる二次創作活動は許容されません。たとえば、対象著作物内において明示的に許諾されていない限り、対象著作物に記載されているルール、ゲームを遊ぶために必要なデータ、表等をウェブサイトやブログ等に掲載することによって、対象著作物がなくても遊べるようにした記事・作品は、原著作者及び制作元の権利利益を害するものとして禁止されます。

二次創作物について原著作者や制作元によるチェック・監修は行いません。公式に認めたものではないため、品名や宣伝等で「公式」「公認」を謳ってはいけません。

上記の認識に伴い、二次創作活動によって発生したいかなる問題についても原著作者が責任を負うことはありません。同様に、原著作者は二次創作活動に関する問い合わせに関しても応じることはありません。


◆二次創作活動の定義
以下の認識を「二次創作活動」と称し、定義するものとします
【原典となる創作物を利用し、ファン活動の一環として二次的に創作された独自の漫画、小説、映像などの派生作品】

◇二次創作物と認識する対象
・改変または追加ルールやゲームを遊ぶために使用するデータ
・シナリオ
・リプレイ
・小説
・漫画
・絵画&イラスト
・立体造形物(自身でデザインしたPCに限る)
・動画
・音楽

◆禁止行為
・作品名や宣伝などで「公式」「公認」といった表記を行うこと。
・ルールブックや公式サイト、公式配布物の内容を著作権法における引用の範囲を逸脱して複製すること。
・対象著作物のイメージを著しく損なうこと。
・他者を攻撃する目的で対象著作物を使用すること。
・犯罪行為等の反社会的な目的で対象著作物を使用すること。
・特定の宗教・思想・信条を主張する目的で対象著作物を使用すること。
・公序良俗に反する表現を行うこと。
・他者の権利、利益を侵害すること。
※上記の行為以外でも、原著作者及び出版社/制作元が適切でないと判断した場合には、頒布や掲載の中止を勧告する場合があります。

◆著作権、著者の明記
閲覧者の視認性を確保した上で、以下の権利表示を行ってください。
具体的には、「本/表紙か裏表紙」「動画/冒頭、あるいはタイトル表示時」「Webページ/トップページやタイトルページ」等が該当します。
権利表示の書式は、文字数等事情に合わせて以下の書式のどちらかをご採用ください。なお本ガイドラインでは2番を推奨します。

1.権利者表示
本作は、「(著者名)+(出版社/制作元)」が権利を有する「(製品名)」の二次創作作品です。

2.ライセンシー表示
(該当製品の奥付に記載のライセンシー表記)+(製品名)
例) 本作は、「著:杏朱ロゼ/Code:E/エフェメラ」が権利を有する『宵闇のトゥルビヨン』の二次創作作品です。
(C)Code:E/エフェメラ/杏朱ロゼ「宵闇のトゥルビヨン」

◆作品ロゴと装丁の扱い
二次創作ではないと誤認を招くような類似したタイトルデザインの作成や使用は避けてください。
同様に、正規品と誤認するような装丁・デザインは不可とします。

◆対象著作物の図版類の転用について
イラストやマップ、ページの飾り、見出し枠などは、イラストレーターやグラフィックデザイナーが著作権を保有しているため、これらのイラスト、図版類の転用・転載は禁止とします。
※イラストレーターやグラフィックデザイナーに使用許諾を求めて直接コンタクトを取る行為は、決して行わないでください。

◆本ガイドラインから逸脱した場合
本ガイドラインから逸脱した二次創作物があった場合、作品の頒布や掲載の中止を勧告する場合があります。
また、ホームページ、ブログ等のウェブ上における逸脱行為に対しては、予告なくサーバー管理会社、プロバイダ等へ削除依頼を勧告する場合があります。
本ガイドラインに明記されている理由以外でも、原著作者及び制作元が適切でないと判断した場合には、頒布や掲載の中止を勧告する場合があります。

◆対象著作物からの引用について
引用する際には、日本の法律に従った引用の範囲を踏襲してください。
※注意点の一例
・引用の文章が長くなりすぎないようにする。
・引用する文章を改変しない。
・ルールブックに記載されたゲームを遊ぶために使用する表類やテキストデータをそのまま転載しない。

引用に際しては、下記の情報を明記してください。
・著者名
・書名
・版表示
・制作元
・出版年
・引用文が掲載されたページ数
例)杏朱ロゼ/Code:E/エフェメラ『宵闇のトゥルビヨンI』初版、2020年、P.120。

◆情報更新について
Code:E/エフェメラはユーザーの皆様の承諾を得ることなく、本ガイドラインを変更することができます。この場合、Code:E/エフェメラは、事前にユーザーの皆様に変更内容をウェブサイト等に掲載することにより周知し、本ガイドラインは当該ウェブサイト等に記載された改訂日に変更されるものとします。
なお、本ガイドラインの内容の変更によるいかなる損害についてもCode:E/エフェメラでは責任を負いません。ただし、当該損害の発生がCode:E/エフェメラの責めに帰すべき事由による場合はこの限りではありません。

◆更新履歴
2022/02/22 作成